6月 18

リハ2回目終了

お疲れ様でしたー。

7月2日、ピリアロハ という、市内フラ団体の合同発表会

そのリハ、第2回目 が終わりました。

大きな舞台なので、狭い練習場所では、なかなか感覚が掴みづらいところがあるのですが

それでもなんとか。2回目の今日は、前回よりだいぶスムーズに踊れました。

 

普段、少人数ずつで練習しているので、

全員揃ってのリハは貴重ですね。

クプナさん、マクアさん、全員で踊る1曲は、やっぱりすごい人数だなぁ と

思いました。

ナープアもおかげさまで去年よりだいぶ人数が増え

ピリアロハに参加してくれる生徒さんもだいぶ増えました。

大勢で踊る曲って、準備も大変ですけど

でも、少人数では表現できない、大人数フラの醍醐味もあって

ありがたいな〜〜 と思いました。

 

クプナさんの曲も、しっとりと仕上がってきました。

フラ始めて1年〜2年のかたがほとんどなのに、すごく良い感じです。

踊っていると分からないかもしれませんが、前から見させていただいて、

ああ、変わったな〜 と思いました。

 

マクアさんの曲も、手の角度とか、フォーメーションとか、

バッチリです。

もうこのまま舞台に上げられるレベルまでなりました。

あとは、笑顔♡ 楽しみです。

 

ケイキの方も、なかなかできない、全員でのリハ。

小さいお子ちゃま達は、、なんとなく、ポワ〜っと踊ってる感じもあるけど

まあそれも可愛いから 良いのです。(^^;

 

 

ここで、私の昔話 ですが。

なんとなーく、断片的に覚えてる、私の幼稚園の時の、劇の発表会の記憶 ですが

きっと幼稚園でたくさん練習はさせられてたんだと思います。

でも、記憶に残ってるのは、市民会館での本番、

あとで親に聞いた話だと、私は、「三びきのこぶた」の末の弟ぶた役だったらしく

てことは、主役?だったらしいのに、そんなの全く記憶になく

ただただ、本番舞台上で、くるくる回ってる時に、横の舞台袖で、先生が血相変えて、

「れいこちゃんっっ!!!!! こっち!!! こっち!!!!」

と、声にならない声で、大ぶりに手招きしてて

「なんで先生、あんなオソロシイ顔してんのかな〜〜〜?」と なんだかポワーッと

考えてた記憶が 残ってます。(^^;

ホントにその一場面しか記憶にないんですけど

その時の先生の慌てっぷりが印象的で、そこだけ覚えてるんですよね。

つまり、舞台でどう踊ってた、どう喋った とかは、全く覚えてない。(^^;

私は、ちゃんと子ブタ役、こなせてたのかなぁ・・・

当時、ビデオがあったら、撮って見てみたかったですねぇ。

もしかしたら、舞台、ぐちゃぐちゃにしてたかもしれないデス。(^^;

 

という、そんな記憶のみ残ってるので、

幼稚園の時って、わかってるようで、そんなもんだよな〜〜 と私は思ってます。

 

小さいケイキちゃん達は、文化会館のあのやたら大きな舞台、

「こう動いてね」って言ったって、まー、無理。

今回は、難しいコト、たくさんやらせてしまってるので、

何が起こったって、そのハプニングがまた可愛いポイントになるかと。

 

でも、全体的に見ると、いい感じに仕上がってきたんじゃないでしょうか。

大きい子たちも、小さい子たちも、あともうちょい。

きっと本番の日までには、初めてのプイリ、いい感じでお見せできると思います。

 

難しいコト、やらせてしまって、ごめんなさい。

短い練習期間で、特に小さい子たちには、無理させちゃってます。

あと2週間 だね。

短ったけど・・長かった。(^^;

舞台終わったら、また、もうちょっと簡単な曲でゆっくりやっていきましょう。

先生も、早く新しい曲にいきたいなぁぁ〜・・・。(^^;